沖縄/羽地郵便局

0

(確認前のデータ)
・羽地内海にパラボラアンテナを配す
使用開始:1973(昭和48)年12月1日

名護市です。
「パラボラアンテナ」は具体的に何を指しているのでしょうか。質問してみました。



お返事です。
羽地局「(パラボラアンテナは)昭和39年に建設され、本土・沖縄間の無線中継に使われました。資料には名護市仲尾次の山中に設置されているとあります。(風景印の背景は)おそらく山中から羽地内海を見下ろす絵になっていると思います。」

お返事に含まれていたキーワードから、やっとそれらしき物にたどり着くことができました。
↓こちらです。NTT西日本の多野無線中継所。
NTT西日本|多野無線中継所/電話局の写真館

記事によると、東京オリンピックに合わせて開局したもので、その後20年ほどOHマイクロ回線による通信を行い、現在はその記念碑も建っているそうです。
山頂から見える羽地内海の写真なんかも掲載されているのですが、それがまさに風景印通りなので(島の配置がそのまんまです)、一度リンク先を見てみてください。

ここ最近は感染症の流行で遠出する機会がない代わりに、溜まっていた郵頼をたくさん出していたのですが、今の所ちゃんとお返事が返ってくるのでありがたいです。(郵便局が営業しているということや、内国郵便が問題なく配達されているということなど諸々)
早く流行が終息することを願っています。

お返事ありがとうございました。
関連記事
スポンサーサイト



0 Comments

There are no comments yet.

Leave a reply