スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 スポンサー広告

「風景印2016」も読んできた

以前書いた「風景印2014を読んでみた」という記事のその後です。
↑この記事は簡単に言うと、「鳴美が『風景印2014』の出版に当たって郵趣出版の『風景スタンプ集』をウソ情報ごと転載しまくったために、市販の風景印解説本のクオリティが悪い意味で均一化してしまった」という内容でした。
その後、今年になって鳴美の新版が出たのを、最近になってようやく見てきました。

鳴美の中の人は「風景印2014を読んでみた」を読んだみたいですね。そこで指摘した間違いは大体(1カ所を除き)修正されていました。
ただし、その他に風景スタンプ集から転載したぶんは依然放置、という相変わらず雑な状況です。要するに2014とクオリティは殆ど変わっていません。
キリがないのでもうこの場ではどこがどうという指摘はしませんけど、これから買われる方は引き続きウソ情報に注意して読んでいただければと思います。

個人的には、JPが作ってる郵便局の個別ページに風景印の印影と説明テキストも載せればいいのにと思います。
その際にテキストをきちんと精査して、間違いや意味不明な記述は全部修正してほしい。局ですら意匠の意味を把握していないようなものは廃止や変更で構わないのでは。
そもそもこれらは本来JPがまとめるべき情報だし、質の悪い本に高いお金を払わされる人が気の毒だとも思います。
関連記事
スポンサーサイト

 その他

 書籍

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。