スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 スポンサー広告

風景印とは<まとめ1>

*風景印とは*

郵便局で使われる消印のうち、ご当地の名所・名産・文化財・偉人などを盛り込んだ絵入りの消印のことです。直径36mmと大きく、鳶色(とびいろ)と呼ばれる赤茶色のインクで押印されることが特徴です。正式名称は「風景入通信日付印(ふうけいいりつうしんにっぷいん)」です。

京都宇多野(京都)…秋の高雄橋、高山寺の国宝「鳥獣人物戯画」
京橋(東京)…銀座の街、歌舞伎「助六」
鞆(広島)…鞆港をへだてて望む仙酔島、名産の鯛
盛岡ホットライン肴町(岩手)…もりおか啄木・賢治青春館、石川啄木と宮沢賢治の肖像
豊橋(愛知)…線路(外枠)、路面電車、手筒花火
白子(千葉)…白子温泉の砂風呂、地引網


基本は円形ですが、そうでないものもあります(「変形印」と呼ばれます)。

北吉見(埼玉)…いちご(外枠)、いちごの花
富山駅前(富山)…駅弁・鱒の寿司(外枠)、立山連峰、駅前の売薬商人の像
宝塚(兵庫)…竪琴(外枠)、六甲山、手塚治虫記念館、市花・スミレ
早来雪だるま(北海道)…雪だるま(外枠)、樽前山、馬、スピードスケート
浜松(静岡)…うなぎ(外枠)、浜松城を描いた凧、音符
鶴岡大東町(山形)…雪の結晶(外枠)、「雪の降るまちを」の碑


アニメや特撮、ご当地キャラなどを使ったものも時々。

熊本県庁内(熊本)…くまもとサプライズキャラクター「くまモン」、世界有数のカルデラを誇る阿蘇山
須賀川(福島)…ウルトラマン、市花・牡丹
鳥取湖山北(鳥取)…鳥取砂丘コナン空港、パイロット姿の「江戸川コナン君」



↓通常の黒っぽい消印との比較。3つとも同じ郵便局で使われているもので、左から丸型和文印(24mm)、丸型欧文印(27mm:国際郵便用)、風景印(36mm)。和文印や欧文印のように黒くて活字だけの消印は「黒活(くろかつ)」とも呼ばれます。風景印は利用者からの申し出があった際に黒活の代わりに押印してもらえる、というものです。

木更津(千葉)…東京湾アクアライン、東京湾を隔てた富士山の遠望、狸塚、狸


手紙を出す際に風景印を押印してもらうことで、居住地や旅先の雰囲気を手紙に盛り込む、というのが一般的な使い方です。ご当地感にこだわらず、単純に好きな絵柄の風景印を探して楽しむ人も多いです。

広島小町(広島)…原爆ドーム、平和の象徴・鳩

本の絵封筒を文豪の風景印で出したり、

金木(青森)…太宰治、斜陽館

こけしのポストカードをこけしの風景印で出したり、

稲川(秋田)…漆器のお碗(外枠)、雄長子内山・雌長子内山・皆瀬川、こけし、三梨肉牛

カッパのご当地フォルムカード(郵便局限定販売のダイカットカード)をカッパの風景印で出したり。

土淵(岩手)…早池峰山、カッパ淵、水車小屋、早池峰古道跡

お土産屋さんで木製のカードを買い、店内でメッセージを書いたり色を塗ったりしてから預けると、後日風景印で差し出しておいてくれるという観光地のサービス。カードも風景印も色々なキャラクターから選べました。→詳細

水木ロード(鳥取)…境水道大橋、ゲゲゲの鬼太郎とゲタの像

こちらは廃版海図を再利用したレターセット。ちょうど横須賀郵便局が載っていたので(矢印)、横須賀局の風景印で差し出しています。

横須賀(神奈川)…記念艦三笠、観音埼灯台と猿島の遠望、ヤマユリ

(風景印で差し出した手紙のサンプルをもっとご覧になりたい方は→こちら


手紙以外のものに押印し、そのまま持ち帰ることもできます(「記念押印」と呼びます)。
ハガキ料金以上の切手が貼ってある&インクが定着する素材であれば、パンフレットでもノートでも、木の板でも押印できます。観光パンフレットに押印すれば訪問日も記録できて便利。駅や空港ほか訪問先で見つけたスタンプと一緒に集める人もいます。
↓左は松が峰教会のパンフレットに同じ教会を描く風景印を記念押印したもの。右は羽田空港の記念スタンプ用紙に羽田空港局の風景印を一緒に押印しています。

宇都宮中央(栃木)…「松が峰教会」のロマネスク様式の聖堂
羽田空港(東京)…東京国際空港ターミナルビルと管制塔、航空機、羽田スカイアーチ


スタンプ帳に切手を貼って風景印を記念押印してもらったもの。

館山(千葉)…沖ノ島と鷹ノ島、ヨット、浮き袋
西岬(千葉)…洲埼灯台、マーガレット


名刺サイズのカードに切手を貼って風景印を記念押印してもらったもの。省スペース派の人がよく使う方法。

神戸パークシティ内(兵庫)…神戸大橋、神戸空港からの飛行機、神戸とゆかりのあるコーヒー
鯖江(福井)…江戸時代のメガネ枠(外枠)、西山公園のツツジと踏雲峡・西山橋、西山動物園のレッサーパンダ


郵便局によってはオリジナルのポストカードが売られている場合もあります。これは平塚郵便局のオリジナルポストカードに平塚市内の風景印を記念押印したもの。

平塚(神奈川)…富士山と高麗山を望む湘南大橋の風景、七夕飾り
平塚本宿(神奈川)…七夕飾り、高麗山と松並木と富士山(広重の東海道五十三次「平塚」のイメージ)



以上のように、押印に当たってはハガキまたはハガキ料金(現在は62円)以上の切手などを準備してください。最も基本的なことですが、風景印は「消印」なので、ハガキの料額印面(切手に相当する部分)や切手の上にかかるように押印しなくてはいけません。

鳥羽(三重)…真珠のネックレス(外枠)、海女、ラッコ、鳥羽三ツ島の遠望


風景印はすべての郵便局にあるわけではないのですが、総数で11100局以上と多くの局に存在します。ただし東京・神奈川や北海道、東海地方では多く、九州(特に佐賀や宮崎)では少ないなど、地域によってバラツキがあります。少ない地域でも、集配局(ゆうゆう窓口のあるような大きな局)には配備されていることが殆どです。
どの郵便局にどんな風景印があるかは書籍を参考にしてください。2社から出ており、内容はほぼ同じです。
(ただし記載事項には数多くの間違いがあります。このブログ本編のテーマはその「間違い」を修正することです)

左:日本郵趣出版(4分冊)  右:鳴美(1冊)

上記2件よりも高価な本ですが、戦前から現在までに使われたすべての風景印をまとめた本が最近出ました。やはり内容は間違いだらけですが、昔の意匠も見たい方はこちらを。PDF版もあります。(さらに高価ですが)

風景印大百科(2分冊)とPDF版

新規風景印の追加/図案の変更/廃止など、直近の情報は日本郵政のページで確認を。平成17年度頃からの情報は↓こちらにあります。
風景印 - 日本郵便
関東地方の風景印使用局については、このブログでも地図形式でまとめています(画像は少ないですが)。
使用局マップ

絵柄の情報はありませんが、各郵便局に風景印があるかないか、というデータのみで良ければこちらが詳しいです。
日本の郵便局一覧 | 郵便局めぐり(旅行貯金&風景印) - うししが丘ルネッサンス

風景印は消印の一種なので、誰かに宛てた手紙を差し出す際に通常の消印に代えて押印してもらうことができます(引受消印:ひきうけけしいん)。また、ハガキなどに風景印を押印した後、差し出さずに持ち帰ることも可能です(記念押印:きねんおういん)。次回はその方法を解説します。

初版:2014年3月15日
2版:2015年8月15日
3版:2016年12月16日
4版:2017年8月24日
関連記事
スポンサーサイト

 その他

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。