スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 スポンサー広告

栃木/川治郵便局


(確認前のデータ)
こんにゃく橋と川治温泉岩風呂の景を描く
(使用開始:昭和27年8月11日)

日光市です。使用開始時は塩谷郡藤原町(しおやぐんふじはらまち)でした。
これも古い風景印ですね。図案者は加曾利鼎造さんです。現行印の最初から携っていた人で、今でもいい作品がいろいろ残ってます↓。このブログで言及したものだと、焼山局とか洞爺温泉局とかが加曾利さん作品。


で、川治局の風景印です。
この風景印は画面が横線で2つに区切られていて、上半分が遠景、下半分が近景の描写になっています。テキストをそのまま当てはめると上が「こんにゃく橋」、下が「川治温泉岩風呂の景」になるんですが、上の画面は別に橋が主役っていう感じでもないし、単に「こんにゃく橋の絵」とするのは違和感があります。
なんでなんだろうとずっと不思議に思ってたんですが、最近昔の風景印本を見たらこんな風に書いてありました。

(風景入通信日附印集 第1集 明世社 1958)

「こんにゃく橋川治温泉岩風呂の景を描く」。

↑これ、もしかして、上「こんにゃく橋」下「川治温泉岩風呂の景」ではなく、
上「こんにゃく橋と川治温泉」下「岩風呂の景」だったのではないだろうか。
よく見ると上の画面には温泉街みたいな建物も描かれているし、その方がしっくり来るのですが。どうなんだろうか。

話を進めます。
岩風呂には現在「薬師の湯」という名前がついています。男鹿川沿いの露天風呂。混浴ありです。
川治温泉薬師の湯|観光スポット|日光旅ナビ

気になったのは「こんにゃく橋」ですね。検索しても出てきません。
今はもう存在しない橋なのだと思いますが、どんな橋だったんでしょうか。質問してみました。
………………………………………………………………

お返事です。
「岩風呂よりも上流にあったつり橋です。渡るとき、こんにゃくのようにふにゃふにゃするのが名前の由来だそうです。残念ながら、大水により流失して今はありません。」

予想より(失礼)詳しく教えてくださいました。ありがとうございます!
画像はなかなか見つからなかったんですが、最近になって出会いがありました。
古書店でたまたま古い絵葉書を見ていた時に、「川治温泉」と書かれたシリーズを発見。中を見たらありました、こんにゃく橋。「蒟蒻橋」と漢字で書かれていました。これか〜。けっこう細身で怖そうな橋です。


もう1つ、こちらは古い雑誌に掲載されていた日本画。「鬼怒川上流栗山峡蒟蒻橋」と書いてありました。こちらも渓谷を渡る吊り橋として描かれています。

(塔影 9(10)/1933)

ここまで読んだところで、風景印の橋をもう一度見ていただきたいんですけど、
…これ、つり橋かな??下の方に橋脚が見えているような気がしないでもないのですが。
それから、そもそもこんにゃく橋って、温泉街と一緒の画面におさまるほど近くにあったんでしょうか?
情報が少なすぎて、温泉からどのくらいの距離にあった橋なのか、いまいち把握できないんですよね。
風景印がほんとにこんにゃく橋を描いているのか、結局ずっと気になってますw。

お返事ありがとうございました。
関連記事
スポンサーサイト

 関東

 

- 2 Comments

ほたる  

>たかたかさん

こんにちは、初めまして。コメントありがとうございます。
川治橋の絵葉書、見てみましたがそれっぽいですね。絵葉書に写っている川治橋(鉄橋)は現在とほぼ同じ位置にあったもので(現在は橋が2本になってるけど昔は1本だった)、昭和11年頃には既にあったそうです。なので、川の上流から見た鉄橋とその向こうの川治温泉ホテル近江屋(昭和33年に火災で焼失)が描かれているのではないかと。ご指摘ありがとうございます。

こんにゃく橋も、その後大体の位置が分かりました。
「川治から南平山を過ぎて栗山方面に向かう途中、田茂澤林道の終点に架かっている吊り橋」
だそうです。現在「田茂澤」という名前が残っているのはちょうど川治ダムあたりなので、そのへんにあった橋だとすると、やはり温泉街と一緒に画面に入れるのは無理があるのでは。なのでやはり文章または作画のミスだったのかなーと思います。…加曾利さん、もっと鮮明に描いてくれたらこんなに悩まなかったのに(笑)

2017/02/07 (Tue) 18:56 | EDIT | REPLY |   

たかたか  

はじめまして。風景印収集は整然とはやってないのですが、印面に
描かれているものに少し関心があって、以前からこちらを拝見しています。
意匠の橋は、しっかりした中路アーチという形式の橋に見えます。周辺を探してみると
国道121号の橋の一つ下流の橋が似ているような。ストリートビューで新男鹿橋という
石造物がみえます。橋名をキーワードにして検索すると1つだけですが横から見た
画像がありますね。
あと、絵葉書サイトで「川治橋」の写真もでてきますが、同一の橋のように
思えます。(一方現道の国道の橋名は「川治橋」です)
架橋位置が昔はいろいろとれるわけではないので、こんにゃく橋と同じ位置に
架けられた新橋なのかも?

2017/02/05 (Sun) 03:41 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。